記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

海上保安庁より 土木建築部門職員の採用のご案内(12/11〆)

海上保安庁では、沿岸部や防波堤などに設置している航路標識の建設や修繕、災害又は老朽対策のための施設点検などを適確に行うため、二級建築士以上の有資格者を新たに職員として採用します。採用を希望される方は、下記事項を確認のうえ、必要な手続きをお取りください。

必要書類等の詳細は下記のホームページをご確認ください。
海上保安庁選考採用情報ホームページアドレス
http://www.kaiho.mlit.go.jp/ope/saiyou/saiyou.html

1 採用予定官職、採用予定人員
 管区海上保安本部交通部整備課技術官(国土交通技官) 2名程度
 ※採用予定人員は、欠員状況等により変更となる場合があります。
 採用管区は、本人の希望と欠員状況によります。
2 職務内容
 管区海上保安本部において、航路標識を整備するための設計、積算、予算執行、検査等の事務に従事するほか、航路標識の腐食、損傷その他劣化状況の点検業務に従事する。
3 採用予定日
 平成30年4月1日
4 給与等
「 一般職の職員の給与に関する法律」に基づき行政職(一)俸給表(3級)を適用し、学歴や行政機関又は民間企業等での職務経験等を勘案して決定します。
 その他同法の規定による諸手当(通勤手当、扶養手当、期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス等))が支給されます。
 例1 34歳 行政職(一)3級で採用となった場合の初任給
    級号俸 行政職俸給表(一) 3級1号俸
    俸給月額 227,900 円
 例2 60歳 行政職(一)5級(管区交通部整備課長相当職)のときの給与
    級号俸 行政職俸給表(一) 5級57号俸の場合
    俸給月額 377,900 円
5 受験資格
 平成30年3月31日時点において建築に関する業務経験を通算13年以上(大学を卒業した者にあっては9年以上)有し、二級建築士以上の資格を有する者。
 ただし、次に該当する方は受験できません。
 (1)日本の国籍を有しない者
 (2)国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
 (3)採用日に60歳に達している者
6 試験内容等
 (1)一次試験
 試験内容:作文試験、経歴評定
 審 査 日:平成29年12月14日(木)
 選考方法:事前に提出された履歴書及び作文による書類選考を行います。
 (2)二次試験
 試験内容:人物試験
 試験日時:平成30年1月15日(月)
 試験会場:海上保安庁交通部(3号館11階)
7 提出書類
 (1)履歴書(当庁指定様式)
 (2)作文「採用後において取り組みたいこと」 (800字以内とすること。)
 (3)卒業証明書
 (4)二級建築士以上の免許証の写し又は免許証明書の写し
8 書類提出先/照会先
 〒100-8976 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3
 海上保安庁交通部企画課監理係
9 提出締切年月日
 平成29年12月11日(月)(必着のこと)