記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

令和元年度 第二期 建築士 定期講習(8月22日木曜日)のご案内

建築士 定期講習について

 ご案内文書・詳細はこちら(PDF形式) ファイル 243-1.pdf

 本講習は建築士法の規定による法定講習会です。
 建築士事務所に所属されている一級・二級・木造建築士の方で、平成28年度に建築士定期講習を受講された方は
令和元年度中(令和2年3月末日まで)に建築士定期講習を受講しなければなりません。
 本会では下記日程にて実施いたします。

□会場コード□8G-01
□実施日時□令和元年 8月22日(木)
受付開始8:50 講習及び考査9:20~17:30迄
□会  場□かごしま県民交流センター(鹿児島市山下町14-50)
□定  員□70名
□受付期間□令和元年6月3日~令和元年7月31日まで(土日祝日を除く)
※受付期間中でも定員に達し次第終了します。

建築士定期講習は事前にお申込みが必要な講習会です。
お申込方法は2通りございます。

◆書面による申込方法
 必ず申込書に必要書類を添えて、お申込み下さい。
 申請書は鹿児島県建築士会本部事務局で配布する他、(公財)建築技術教育普及センターから事前に送付されている様式又は、同センターホームページからダウンロードしたものをご利用ください。 
↓申込書のダウンロードはコチラ↓(公財)建築技術教育普及センター令和元年度 一級・二級・木造建築士定期講習申込書関係書類ダウンロードへ
https://www.jaeic.or.jp/koshuannai/teikikoshu/kteiki/index.html

※鹿児島県建築士会本部で受付いたします(年末年始休業日を除く)。所定の申込書等をご用意ください。
※申込書等を郵送される場合、簡易書留等配達証明の残るサービスをご利用下さい。その際は、所定の申込書等に加え、受講票返信用の封筒(長3サイズ程度で82円切手を貼りつけたもの)を同封して下さい。
※お申し込みはお早めにお願いいたします。

◆インターネットによる申込
この講習はインターネットによる申込をご利用いただけます。リンク先のご利用ガイドをご確認の上お申し込みください。
↓建築士定期講習受講申込のページへ↓(公財)建築技術教育普及センター
https://jaeictkosyu.jp/jaeicteikikosyu/

建築工事主体「監理技術者講習」について(毎月開催中)

建築士会が行う,建築工事主体の「監理技術者講習」開催のお知らせ

建築士会「監理技術者講習」は「建築に特化」した内容となっています。
■鹿児島会場日程(受付は開催の10日前まで)
・ 6月12日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 7月10日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 8月 7日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 9月11日(水) 9時10分~16時35分迄

■会 場 県住宅供給公社ビル 小会議室(鹿児島市新屋敷町16番)

■受講手数料(テキスト代、講習修了履歴ラベル代、消費税込)
1.WEB申込みの場合 一名9,500円
2.郵送・窓口申込みの場合 一名10,000円

■お申込み方法
WEBまたはご郵送にて、(公社)日本建築士会連合会へお申し込みください。
日本建築士会連合会ホームページ
↓“監理技術者講習開催のお知らせ”へ↓
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2015-07-28-2.html

■建築士会「監理技術者講習」とは
 公益社団法人 日本建築士会連合会は、建設業法第26条第4項に基づく法定講習会である「監理技術者講習」の登録講習機関として平成27年6月22日付けで国土交通省から登録を受けました。
 本県士会におきましても、建築工事に特化した内容で「監理技術者講習」を開催いたします。
 特に、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」の皆様にとりましては、実務に役立つ充実した内容のテキストを使用して講義を行います。
 この機会にぜひご受講下さい。
※土木系の監理技術者の方が受講された場合でも、監理技術者講習修了証を交付いたします。

■建築士会「監理技術者講習」及び講習で使用するテキストの特徴
1)テキスト全編が「建築に特化」(土木・造園は割愛)
2)ゼネコン8社の現役技術者と大学教授により、「最新情報・技術・トラブル事例を紹介」
3)1項目1ページ又は見開き2ページの「A4版フルカラー」のテキスト (データCD付)
4)受講後5年間は、いつでもテキストの最新版をHPから入手可能
5)講習受講で建築士会CPD6単位の付与。
  さらに受講専用マイページに掲載 の設問に解答することで、建築士会CPD制度の年間取得推奨単位(12単位)が取得可能!!
  ※ 建築士会CPD制度への参加が必要となります。

リンク集:スーパーコピーブランド,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー,