記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

令和2年二級建築士合格者の方へ 免許登録申請書式のダウンロードについて

二級建築士 免許登録申請書式のダウンロード・申請の方法について

令和元年度以前の合格新規登録者と、令和2年度以降の合格新規登録者の提出書類・手数料が違いますので、ご注意ください。
※申請時に必要な書類フロー図(二級・木造)➡ファイル 248-1.pdf

 
◆申請のためにご用意頂く書類等下記ファイルを確認してください。
~二級建築士 免許登録申請書式(新規)のダウンロード~
 ①申請書式一式(Wordファイル)➡ファイル 248-2.zip

 ②申請書式一式(PDFファイル) ➡ファイル 248-3.zip

 ③申請の手引き、記入例➡ファイル 248-4.zip

 
≪申請手数料振込先≫
ゆうちょ銀行 01710−3−164100 公益社団法人鹿児島県建築士会 宛

【受付開始】12月9日(水)

[受付時間] 平日 午前9:00~午後4:00まで(正午から午後1時を除く)
[休 業 日] 土日祝日
     ※年末年始は令和2年12月29日(土)~令和3年1月3日(日)まで休業
      受付を休業する際は本会ホームページ等でご案内します。

[受付場所] 公益社団法人鹿児島県建築士会 本部事務局
[住  所] 鹿児島市新屋敷町16番301号 県住宅供給公社326号室(有料駐車場あり)
[電話番号] 099-222-2005 
          
※日本国外において建築士の免許を受けている方は,日本国外の免許証の写し及び写真が必要です。

(鹿児島県の二級建築士及び木造建築士免許の登録につきましては、平成25年4月1日より、本会事務局にて行っています。)

免許証明書の交付は新規申請書類を提出された日から約3ヶ月後になります。

※注意事項※
・提出された書類の「受付」は免許登録を認めるものではなく、以降「登録要件の有無に関する審査」を経て登録になります。
・審査の段階で、書類内容についてお電話で確認させて頂く場合があります。
 実務経歴証明書の場合は、証明書に記入している担当者に確認します。
・実務経験として認められるかどうか判断が難しい実務については、日本建築士会連合会が設置する「建築士免許登録実務経歴審査委員会」にて付議されるため、免許証の発行までの時間が長くなります。
・審査で、登録要件が「無」と判定された場合、手数料は還付します。

特に県外に転居予定の方は、お早めの必要書類のご準備、申請をおすすめします。

令和2年度 第四期建築士定期講習のご案内

令和2年度 第四期建築士定期講習のご案内

 本講習は建築士法の規定による法定講習会です。
 建築士事務所に所属されている一級・二級・木造建築士の方で、平成29年度に建築士定期講習を受講された方は
令和2年度中(令和3年3月末日まで)に建築士定期講習を受講しなければなりません。
 本会では下記日程にて実施いたします。

 講習会場名         講 習 日     会場コード
・かごしま県民交流センター 2021年2月4日(木)   8G-05
(受付期間:12/1~12/28)

受付開始8:50 講習及び考査9:30~17:30迄
※受付期間中でも定員に達し次第終了します。

詳細は下記の添付ファイルでご確認ください。
 ご案内文書・詳細はこちら➡(PDF形式) ファイル 275-1.pdf

建築士定期講習は事前にお申込みが必要な講習会です。
お申込方法は2通りございます。

◆書面による申込方法
 必ず申込書に必要書類を添えて、お申込み下さい。
 申請書は鹿児島県建築士会本部事務局で配布する他、(公財)建築技術教育普及センターから事前に送付されている様式又は、同センターホームページからダウンロードしたものをご利用ください。 
↓申込書のダウンロードはコチラ↓(公財)建築技術教育普及センター令和2年度 一級・二級・木造建築士定期講習申込書関係書類ダウンロードへ
https://www.jaeic.or.jp/koshuannai/teikikoshu/kteiki/index.html

※鹿児島県建築士会本部で受付いたします(年末年始休業日・土日祝日を除く)。所定の申込書等をご用意ください。
※申込書等を郵送される場合、簡易書留等配達証明の残るサービスをご利用下さい。その際は、所定の申込書等に加え、受講票返信用の封筒(長3サイズ程度で84円切手を貼りつけたもの)を同封して下さい。
※お申し込みはお早めにお願いいたします。

◆インターネットによる申込
この講習はインターネットによる申込をご利用いただけます。リンク先のご利用ガイドをご確認の上お申し込みください。
↓建築士定期講習受講申込のページへ↓(公財)建築技術教育普及センター
https://jaeictkosyu.jp/jaeicteikikosyu/

【国交省より】新型コロナウイルス感染症に関する職場における一層の対策強化について

国土交通省より 新型コロナウイルス感染症対策に関するの観点から職場における一層の対策強化について周知依頼がございましたので、お知らせいたします。

第46回新型コロナウイルス感染症対策本部にて、「今般の感染拡大に対応したクラスター対策のさらなる強化等について」が取りまとめられ、「職場における一層の対策強化」(別添参照)において、テレワークの推進や感染リスクが高まる「5つの場面」の周知等について進めていくとされたところです 。
新型コロナウイルス感染症対策の重要性に鑑み、 別添の内容について適切な履行に取り組んでいただくようお願い致します。
(別添)新型コロナウイルス感染症に関する職場における一層の対策強化について➡ファイル 298-1.pdf

令和二年度専攻建築士の新規ならびに更新を迎えられる 建築士の皆様へ

~日本建築士会連合会より~

令和二年度専攻建築士の新規ならびに更新を迎えられる建築士の皆様へ

新型コロナウイルス感染症により、講習会やセミナー等の開催が減少していることを考慮し、下記の措置を暫定的に実施することと致しました。

①日本建築士会連合会会誌「建築士」CPD連載講座の掲載
(2020年11月~2015年1月までの5年間)←建築士会会員のみ

②CPD参加者による研修プログラムの申請(自己申請)の活用推進
(申請がなされていない研修プログラムのCPD単位認定を受けることができます。建築CPD情報提供制度への共通認定にはなりません)

是非、専攻建築士申請にご活用頂きますようお願いいたします。

                     CPD・専攻建築士制度委員会

詳しくはこちらをご覧ください➡https://www.kenchikushikai.or.jp/senko-new/r2_koushin.html

【情報提供】「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」の開催について

主催:(一社)鹿児島県建築協会「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」が開催されます。(CPD単位付与)

詳しくはこちらをご覧ください➡http://www.kagoken.net/

第12回フリートーキングのご案内➡YouTube動画のご案内

第12回 建築フリートーキング(オンライン開催)

(公社)鹿児島県建築士会では、建築を学ぶ学生さんと、設計や施工・行政など建築に携わる社会人をつなぐ「建築フリートーキング」を開催します。
今年はオンラインでの開催となりました!
若い建築士の方々が普段の仕事の内容や業界についての話をしたり、学生のみなさんの質問に答えたりと、鹿児島の面白い建築を知ることができるイベントです。
ぜひご参加ください!!
【日時】10月17日(土)15時30分~YouTubeにて生配信
詳しくはこちらをご覧ください!!➡ファイル 201-1.pdf

●上記でご案内いたしました「建築フリートーキング」の動画がYouTubeにアップされました!

https://youtu.be/NNzQTbbroAM
当日見逃した方、もう一度ご覧になりたい方etc.ぜひご視聴くださいませ。

鹿児島県建築士会販売取り扱い書籍について

標記につきまして下記の通りご案内申し上げます。
「販売図書紹介」➡ファイル 132-1.pdf

購入を希望される方は本部事務局(電話099-222-2005)までご連絡下さい。
一部書籍は出版社からの取り寄せとなります。その際は通常ご注文からお届けまで1~2週間程度お時間をいただきます。
送料が別途かかりますのでご了承ください。
ただし、本部事務局窓口に直接お越しいただける場合、送料は頂きません。

★「設計図書整合性向上ガイドブック」2020年新規発刊
  詳しくはコチラ➡ファイル 132-2.pdf

※「建築行政実務必携(2008年版)」は令和2年8月5日をもちまして取り扱いを終了致しました。
詳しくは鹿児島県土木部建築課計画指導係(099-286-3710)へお問合せください。

※「鹿児島市確認申請の手引き2013」は平成29年3月末日をもちまして取り扱いを終了しました。
同書籍内容は鹿児島市にて改訂され、同市ホームページにおいて公開されています。
 鹿児島市ホームページ
 http://www.city.kagoshima.lg.jp/index.html
 ホーム > 環境・まちづくり > 建築 > 建築関連 > 確認申請等の手続き > 鹿児島市確認申請の手引き...をご覧ください
※ビックバン発行の書籍「建築士事務所業務台帳」の取り扱いは終了しました

【情報提供】新しい生活様式に対応するための感染防止支援事業のご案内

【鹿児島県からお知らせ】新しい生活様式に対応するための感染防止支援事業のご案内

鹿児島県では、不特定多数の顧客と接触する機会の多い中小企業や個人事業者等を対象に、新型コロナウイルス感染防止対策のために要した経費(衛生用品等の購入費や消毒等の外注費など)について、1事業所当たり10万円を上限として補助を行います。
詳しくは鹿児島県ホームページをご覧ください。
  ↓↓↓
https://www.pref.kagoshima.jp/af01/seikatuyousiki/youryouyousiki.html

リーフレット➡ファイル 294-1.pdf

【情報提供】新型コロナウイルス感染症対策の観点からの年末年始の在り方について

国土交通省より新型コロナウイルス感染症対策の重要性に鑑み、提言内容の適切な履行所属会員へ向けて周知の依頼が参りましたのでお知らせいたします。(日本建築士会連合会より)

新型コロナウイルス感染症対策の観点からの年末年始の在り方について(協力依頼)

今般、新型コロナウイルス感染症対策分科会から政府に対し「年末年始に関する分科会から政府への提言」及び「感染リスクが高まる『5つの場面』と『感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫』 分科会から政府への提言 」が行われました。
つきましては、貴法人等におかれましては、新型コロナウイルス感染症対策の重要性に鑑み、 提言内容の適切な履行に取り組んで いただくとともに、所属会員に対してもこの旨周知していただくようお願いします。
○国土交通省
HP 新型コロナウイルス感染症に関する国土交通省の対応
https://www.mlit.go.jp/kikikanri/kikikanri_tk_000018.html

内閣官房新型インフルエンザ等対策室 HP
https://corona.go.jp/
(参考 年末年始に関する分科会から政府への提言
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/bunkakai/teigen_12_2.pdf
(参考 感染リスクが高まる「5つの場面」と「感染リスクを下げながら会食
を楽しむ工夫」分科会から政府への提言
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/bunkakai/teigen_12_1.pdf

【情報提供】(一社)鹿児島県建築士事務所協会職員を装った不審電話にご注意ください。

(一社)鹿児島県建築士事務所協会職員を装い、所属建築士に関して尋ねる不審な電話の事例が発覚致しました。
職員より所属建築士に関する問い合せは行っておりませんので、このような不審な電話にはお答えいただかないよう、ご注意お願い申し上げます。

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー,