記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

【情報提供】CLT技術講習会開催のお知らせ(日程が変更になりました。3月4日開催)

木造建築関連技術者向け「CLT技術講習会」

『会場』と『WEB』で開催【主催:鹿児島県】 

日時:令和3年2月4日(木) 13:30~16:30

  ➡3月4日(木) 13:30~16:30へ日程が変更になりました。

会場:鹿児島市国際交流センター 多目的ホール
                (CPD3単位)
詳細はチラシ、ホームページをご覧ください➡ファイル 301-1.pdf
(3/4開催)
ホームページ➡https://kjc.or.jp/archives/6534

(公社)鹿児島県建築士会 川薩支部主催技術講習会のお知らせ

(公社)鹿児島県建築士会 川薩支部主催技術講習会を下記のとおり開催いたします。【CPD3単位】

◆日時  令和2年2月27日(土)
◆時間  13:30~17:00
◆会場  川内文化ホール 1階 第1会議室
       (薩摩川内市若松町3番10号)
◆会費  会員様・非会員様とも1,000円
            
詳しくはこちらをご覧ください➡ファイル 303-1.pdf

≪新型コロナウイルス対策のため、マスク着用をお願い致します。体調の優れない方のご参加はお控えください。ご協力をお願い致します≫
<お問合せ先>
(公社)鹿児島県建築士会川薩支部事務局(㈱植村組 内)
   ℡:0996-22-1515 Fax:0996-22-1715

「既存住宅状況調査技術者講習」(新規/更新)のご案内

「既存住宅状況調査技術者講習制度について」国土交通省ホームページ

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/kisonjutakuinspection.html

下記のとおり講習会を実施致します。
詳しくはこちらをご覧ください➡ファイル 193-1.pdf

■『新規講習』のご案内 ≪CPD5単位≫
日 程:令和3年1月21日(木)
時 間:9:10~17:00 (受付9:00~)
定 員:50名 申込受付順、定員に達し次第締切ります。
受講者:建築士(一級、二級、木造)が対象になります。
受講料:22,000円【WEB申込:21,450円】(税込、テキスト・修了証明書交付費用・登録料含む】
会 場:県住宅供給公社ビル3階 大会議室(鹿児島市新屋敷町16番)

■『更新講習』のご案内 ≪CPD2単位≫
平成29年度に既存住宅状況調査技術者となった方は、令和2年度内に更新講習を修了することで、資格を継続的に保持することができます。
日 程:令和3年2月25日(木)
時 間:13:00~16:30 (受付12:40~)
定 員:70名 申込受付順、定員に達し次第締切ります。
受講者:既存住宅状況調査技術者として講習団体に登録されている技術者
受講料:17,600円【WEB申込:17,000円】(税込、テキスト・修了証明書交付費用・登録料含む】
会 場:かごしま県民交流センター 大研修室第1(鹿児島市山下町14-50)

お申し込み方法は2種類【郵送申込】【インターネット申込】
「既存住宅状況調査技術者講習のご案内」日本建築士会連合会ホームページ
http://www.kenchikushikai.or.jp/koshukai/kizonjyutakujyokyochosa.html
※講習の最後に実施する考査合格者には、日本建築士会連合会より、既存住宅状況調査技術者講習修了証明書、資格者証を後日発送させて頂きます。

【インターネット申込】ご希望の方へ 
あらかじめ下記のデータをご用意いただくとスムーズです。
①ご自身の顔写真のjpgデータ
②建築士免許証のjpg又はpdfデータ

「既存住宅状況調査技術者の検索」日本建築士会連合会ホームページ
https://aba-svc.jp/house/inspector/index.html

「建築士会【会員限定】既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」
https://kenchikushikai.aic-agt.co.jp/
https://kenchikushikai.aic-agt.co.jp/wp-content/uploads/2020/03/kizonjutaku.pdf

建築工事主体「監理技術者講習」について(毎月開催中)

建築士会が行う,建築工事主体の「監理技術者講習」開催のお知らせ

建築士会「監理技術者講習」は「建築に特化」した内容となっています。
■鹿児島会場日程(受付は開催の10日前まで)

・ 1月13日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 2月10日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 3月10日(水) 9時10分~16時35分迄

■会 場 県住宅供給公社ビル 小会議室(鹿児島市新屋敷町16番)

■受講手数料(テキスト代、講習修了履歴ラベル代、消費税込)
1.WEB申込みの場合 一名9,500円
2.郵送・窓口申込みの場合 一名10,000円

■お申込み方法
WEBまたはご郵送にて、(公社)日本建築士会連合会へお申し込みください。
日本建築士会連合会ホームページ
↓“監理技術者講習開催のお知らせ”へ↓
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2015-07-28-2.html

■建築士会「監理技術者講習」とは
 公益社団法人 日本建築士会連合会は、建設業法第26条第4項に基づく法定講習会である「監理技術者講習」の登録講習機関として平成27年6月22日付けで国土交通省から登録を受けました。
 本県士会におきましても、建築工事に特化した内容で「監理技術者講習」を開催いたします。
 特に、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」の皆様にとりましては、実務に役立つ充実した内容のテキストを使用して講義を行います。
 この機会にぜひご受講下さい。
※土木系の監理技術者の方が受講された場合でも、監理技術者講習修了証を交付いたします。

■建築士会「監理技術者講習」及び講習で使用するテキストの特徴
1)テキスト全編が「建築に特化」(土木・造園は割愛)
2)ゼネコン8社の現役技術者と大学教授により、「最新情報・技術・トラブル事例を紹介」
3)1項目1ページ又は見開き2ページの「A4版フルカラー」のテキスト (データCD付)
4)受講後5年間は、いつでもテキストの最新版をHPから入手可能
5)講習受講で建築士会CPD6単位の付与。
  さらに受講専用マイページに掲載 の設問に解答することで、建築士会CPD制度の年間取得推奨単位(12単位)が取得可能!!
  ※ 建築士会CPD制度への参加が必要となります。

令和2年度 第四期建築士定期講習のご案内【受付終了】

令和2年度 第四期建築士定期講習のご案内

【受付終了致しました】
 本講習は建築士法の規定による法定講習会です。
 建築士事務所に所属されている一級・二級・木造建築士の方で、平成29年度に建築士定期講習を受講された方は
令和2年度中(令和3年3月末日まで)に建築士定期講習を受講しなければなりません。
 本会では下記日程にて実施いたします。

 講習会場名         講 習 日     会場コード
・かごしま県民交流センター 2021年2月4日(木)   8G-05
(受付期間:12/1~12/28)

受付開始8:50 講習及び考査9:30~17:30迄
※受付期間中でも定員に達し次第終了します。

詳細は下記の添付ファイルでご確認ください。
 ご案内文書・詳細はこちら➡(PDF形式) ファイル 275-1.pdf

建築士定期講習は事前にお申込みが必要な講習会です。
お申込方法は2通りございます。

◆書面による申込方法
 必ず申込書に必要書類を添えて、お申込み下さい。
 申請書は鹿児島県建築士会本部事務局で配布する他、(公財)建築技術教育普及センターから事前に送付されている様式又は、同センターホームページからダウンロードしたものをご利用ください。 
↓申込書のダウンロードはコチラ↓(公財)建築技術教育普及センター令和2年度 一級・二級・木造建築士定期講習申込書関係書類ダウンロードへ
https://www.jaeic.or.jp/koshuannai/teikikoshu/kteiki/index.html

※鹿児島県建築士会本部で受付いたします(年末年始休業日・土日祝日を除く)。所定の申込書等をご用意ください。
※申込書等を郵送される場合、簡易書留等配達証明の残るサービスをご利用下さい。その際は、所定の申込書等に加え、受講票返信用の封筒(長3サイズ程度で84円切手を貼りつけたもの)を同封して下さい。
※お申し込みはお早めにお願いいたします。

◆インターネットによる申込
この講習はインターネットによる申込をご利用いただけます。リンク先のご利用ガイドをご確認の上お申し込みください。
↓建築士定期講習受講申込のページへ↓(公財)建築技術教育普及センター
https://jaeictkosyu.jp/jaeicteikikosyu/

令和二年度専攻建築士の新規ならびに更新を迎えられる 建築士の皆様へ

~日本建築士会連合会より~

令和二年度専攻建築士の新規ならびに更新を迎えられる建築士の皆様へ

新型コロナウイルス感染症により、講習会やセミナー等の開催が減少していることを考慮し、下記の措置を暫定的に実施することと致しました。

①日本建築士会連合会会誌「建築士」CPD連載講座の掲載
(2020年11月~2015年1月までの5年間)←建築士会会員のみ

②CPD参加者による研修プログラムの申請(自己申請)の活用推進
(申請がなされていない研修プログラムのCPD単位認定を受けることができます。建築CPD情報提供制度への共通認定にはなりません)

是非、専攻建築士申請にご活用頂きますようお願いいたします。

                     CPD・専攻建築士制度委員会

詳しくはこちらをご覧ください➡https://www.kenchikushikai.or.jp/senko-new/r2_koushin.html

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
リンク集:スーパーコピーブランド,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー,