記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

「中大規模木造設計セミナー」DVD講習(2月6日木曜日・士会CPD4単位)のご案内

「中大規模木造設計セミナー DVD講習

ご案内文書及び申込書は(PDF)コチラからダウンロード➡ファイル 264-1.pdf

◆日  時:令和2年2月6日(木) 受付12:30~  講習13:00~17:00
◆会  場:県住宅供給公社ビル 2階中会議室
◆定  員:30名
◆受 講 料 :2,000円(テキスト代金を含む)
◆締  切:令和2年1月24日(金)迄に別紙申込書を建築士会事務局にお送りください。  ※定員に達し次第締切らせて頂きます。
 ≪建築士会CPD4単位。申込時にCPD番号をお知らせください。≫

◆講習会について
「公共建築物の木材利用促進法」が平成22年に施行され、低層の公共建築物などは原則として木造化・木質化することが義務付けられましたが、RC造・S造よりも割高のコスト、防耐火に係る複雑な法規、品質管理された構造用製材(地域材)の調達が難しいことなどから、木造化がなかなか推進されていないことが現状です。
そこで、平成27年3月に改訂された「JIS A3301 木造校舎の構造設計標準」の考え方に基づき流通材とプレカットを活用して、意匠設計者でも比較的容易に且つ経済的・合理的に低層系中大規模木造建築をつくるための設計手法を学んでいただき、ご活用いただくことを目的としたDVD講習を開催いたします。

鹿児島県知事指定講習「令和元年度 建築士会技術研修(DVD講習)」のご案内(士会CPD最大7単位)

鹿児島県知事指定講習「令和元年度 建築士会技術研修(DVD講習)」

建築士会では、建築士にとって必要不可欠な情報提供を中心として、建築士法第22条の4第5項に基づき「建築士会技術研修」を実施します。
この研修は、建築士法第22条第2項の規定に基づく鹿児島県知事指定を受けたものであり、受講者が希望する科目(コース)を選択し受講でき、DVDにより行うものです。
建築士事務所に属する建築士に義務付けられている「建築士定期講習」とは異なり、建築士の人材育成として位置づけ、設計・監理・施工等における実務に直結する最新の技術に関する研修内容としています。
研修内容は、1日コース(7単位)、午前コース(3単位)又は、午後コース(4単位)に分け、コースに応じた建築士会CPD単位が取得できるようにしてありますので、皆様ご参加の程お願い申し上げます。

【注】本研修は、建築士事務所に属する建築士が3年毎に受講することを義務づけられた「建築士定期講習」ではありません。

詳細、各コースの内容、申し込み用紙はコチラ⇒ファイル 127-1.pdf

2会場は下記の通りです。

①2月18日(火)川内会場(川内文化ホール 第5会議室)
         定員:50名 9:30~17:20
②2月20日(木)鹿児島会場(県住宅供給公社ビル 3階大会議室)
         定員:80名 9:10~17:00 

◆受講内容は、3つのコースからお選びください。
 A.一日コース(建築士会CPD7単位)
  集合住宅編/マンション大規模修繕の実務
  戸建住宅設計編
  戸建住宅施工編
 ☆受講料:建築士会会員12,000円,会員外15,000円

 B.午前コース(建築士会CPD3単位)
  集合住宅編/マンション大規模修繕の実務
 ☆受講料:建築士会会員5,000円,会員外6,000円

 C.午後コース(建築士会CPD4単位)
  戸建住宅設計編
  戸建住宅施工編
 ☆受講料:建築士会会員8,000円,会員外10,000円

「既存住宅状況調査技術者講習」について

「既存住宅状況調査技術者講習制度について」国土交通省ホームページ

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/kisonjutakuinspection.html

受付中の日程(鹿児島県)
『新規講習』のご案内
日 程:令和2年1月16日(木)
時 間:9:20~17:00 (受付9:00~)
定 員:50名 申込受付順、定員に達し次第締切ります。
受講者:建築士(一級、二級、木造)が対象になります。
受講料:21,600円【WEB申込:21,060円】(税込、テキスト・登録料含む】
会 場:県住宅供給公社3階 大会議室(鹿児島市新屋敷町16番)

お申し込み方法は2種類【郵送申込】【インターネット申込】
「既存住宅状況調査技術者講習のご案内」日本建築士会連合会ホームページ
http://www.kenchikushikai.or.jp/koshukai/kizonjyutakujyokyochosa.html
※講習の最後に実施する考査合格者には、日本建築士会連合会より、既存住宅状況調査技術者講習修了証明書、資格者証を後日発送させて頂きます。

【インターネット申込】ご希望の方へ 
あらかじめ下記のデータをご用意いただくとスムーズです。
①ご自身の顔写真のjpgデータ
②建築士免許証のjpg又はpdfデータ
※移行講習を受講する方のみ、③現行資格証書のjpg又はpdfデータ

「既存住宅状況調査技術者の検索」日本建築士会連合会ホームページ
https://aba-svc.jp/house/inspector/index.html

「建築士会【会員限定】既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2017-07-13.html

令和元年度 鶴丸城御楼門建設現場研修会のご案内(1月21日火曜日)

建築現場研修会の開催について

本会では建築士等を対象に建築工事に関する技術力の向上を図るため、毎年、建築現場研修会を実施しております。

令和元年度は、別紙のとおり「鶴丸城御楼門建設工事」の現場研修を開催することになりました。
貴重な機会でありますので是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。
参加希望者は資料準備等の都合がありますので、12月25日(水)までに、別紙申込書によりFAX(099-226-2019)でお申し込みください。※定員に達し次第締切らせて頂きます。

日  時:令和2年1月21日(火)
     1班 13:30~15:00
     2班 15:00~16:30
集合場所:鹿児島市城山町7-2 歴史資料センター黎明館内
     (座学及び現場研修会場:現場事務所・鶴丸城御楼門建設工事現場)
参加定員:先着60名(各班30名)定員になり次第申し込みを締め切ります。
※安全確保の為、現場に立入る際にヘルメット、安全靴等が必要です。
※黎明館駐車場は黎明館催し来訪者用です。公共交通機関又は他の駐車場等をご利用ください。

申 込 先:公益社団法人鹿児島県建築士会
   FAX 099-226-2019
申込書・詳細はコチラ(PDF)➡ファイル 233-1.pdf

令和元年度建築技術講習会のご案内(11/6~12/17まで県内12会場・士会CPD3単位)

令和元年11月6日(水)~12月17日(火)までの期間
県内12会場にて、令和元年度建築技術講習会を実施します。
※建築士会CPD制度 3単位認定の講習会です。

◆講習項目
・最近の建築住宅行政について
・建築関係DVD上映
・かごしま材の利用拡大について
・建築に関する講演
  鹿児島大学教授等の講師による、1会場1テーマの講演
  会場により講演内容が異なりますので詳細をご覧ください。

全日程の会場と講習会詳細はこちら(PDF)→ファイル 40-1.pdf

◆建築士会会員の皆様
 所属支部会場の講習会開催前にご案内ハガキをお届けします。
 講習会のお申し込みは所属支部にご連絡下さい。

※会員の方で所属支部会場以外の講習会に申し込む場合は
 本部事務局(電話099-222-2005)にご連絡ください。

◇建築士会非会員の皆様
 建築技術講習会に申し込む場合は
 本部事務局(電話099-222-2005)にご連絡ください。

本部事務局及び支部事務局連絡先は↓コチラ↓
http://www.sakurajima.or.jp/kagoshima.html

建築工事主体「監理技術者講習」について(毎月開催中)

建築士会が行う,建築工事主体の「監理技術者講習」開催のお知らせ

建築士会「監理技術者講習」は「建築に特化」した内容となっています。
■鹿児島会場日程(受付は開催の10日前まで)

・12月11日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 1月15日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 2月12日(水) 9時10分~16時35分迄
・ 3月11日(水) 9時10分~16時35分迄

■会 場 県住宅供給公社ビル 小会議室(鹿児島市新屋敷町16番)

■受講手数料(テキスト代、講習修了履歴ラベル代、消費税込)
1.WEB申込みの場合 一名9,500円
2.郵送・窓口申込みの場合 一名10,000円

■お申込み方法
WEBまたはご郵送にて、(公社)日本建築士会連合会へお申し込みください。
日本建築士会連合会ホームページ
↓“監理技術者講習開催のお知らせ”へ↓
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2015-07-28-2.html

■建築士会「監理技術者講習」とは
 公益社団法人 日本建築士会連合会は、建設業法第26条第4項に基づく法定講習会である「監理技術者講習」の登録講習機関として平成27年6月22日付けで国土交通省から登録を受けました。
 本県士会におきましても、建築工事に特化した内容で「監理技術者講習」を開催いたします。
 特に、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」の皆様にとりましては、実務に役立つ充実した内容のテキストを使用して講義を行います。
 この機会にぜひご受講下さい。
※土木系の監理技術者の方が受講された場合でも、監理技術者講習修了証を交付いたします。

■建築士会「監理技術者講習」及び講習で使用するテキストの特徴
1)テキスト全編が「建築に特化」(土木・造園は割愛)
2)ゼネコン8社の現役技術者と大学教授により、「最新情報・技術・トラブル事例を紹介」
3)1項目1ページ又は見開き2ページの「A4版フルカラー」のテキスト (データCD付)
4)受講後5年間は、いつでもテキストの最新版をHPから入手可能
5)講習受講で建築士会CPD6単位の付与。
  さらに受講専用マイページに掲載 の設問に解答することで、建築士会CPD制度の年間取得推奨単位(12単位)が取得可能!!
  ※ 建築士会CPD制度への参加が必要となります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
リンク集:スーパーコピーブランド,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー,