記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

日本建築士会連合会より 建築士会会員限定「既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」のご案内

建築士会会員限定「既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」のご案内

建築士会会員 各位

既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」が、平成29年8月1日より団体保険としてスタートします。
この保険制度は、既存住宅状況調査の遂行またはその結果に起因して発生する損害を補償するものです。

詳細については、各県建築士会の事務局にて配布するパンフレット他、下記連合会ホームページを、ご確認ください。
↓日本建築士会連合会 保険・共催補償制度のページへ↓
https://www.aic-agt.co.jp/kenchikushikai/index.html

同ホームページでは下記についてもご紹介しています。
・けんばい(建築士賠償責任補償制度)
・工事総合補償制度(NEWこうばい)
・新所得補償プラン
・医療費用補償プラン
・グループ保険

平成28年度建築士会CPD制度実績証明書の発送について

建築士会CPD制度 参加者の皆様

平成28年度建築士会CPD制度実績証明書の発送が完了しましたので、お知らせします。
実績証明書がお手元に届かない方、追加お申込み希望の方、再発行希望の方は誠にお手数ですが鹿児島県建築士会本部事務局(☎099-222-2005)にお電話下さい。

建築基準法違反のある「違法貸しルーム」に係る建築士の関与について

 オフィス、倉庫等の用途に供していると称しながら多人数の郷愁実態がある建築物や、マンションの住戸又は戸建住宅を改修して多人数の居住の用に供している建築物が、複数の特定行政庁で確認されています。
 国土交通省では、これらの建築物が建築基準法の防火関係規定違反等の疑いがあることから、必要な情報を収集するとともに、特定行政庁に対して物件に関する情報収集や調査、違反物件の是正指導等を行うよう要請したところです。

 建築士が、建築基準法違反のある物件について、設計・工事監理等を行った場合には、建築士法第10条に基づく懲戒処分の対象となることがあります。

詳細は下記をご覧ください

国道交通省住宅建築基準法違反のある「違法貸しルーム」に係る建築士の関与について局建築指導課長より

ファイル 73-1.pdf

専攻建築士の皆さんへ「信頼できる建築士・専攻建築士を探す」掲載募集

(社)日本建築士会連合会では、
平成22年、平成23年に新規登録及び登録更新をした専攻建築士の紹介、実務実績紹介「ポートフォリオ」の掲載を行っています。
・登録更新を迎える前に掲載を希望する専攻建築士
・既に掲載されている内容に変更がある専攻建築士
上記の方は、鹿児島県建築士会にお申込みください(提出必要書類アリ)。

詳細・必要書類ダウンロード((社)日本建築士会連合会ホームページ)
http://www.kenchikushikai.or.jp/senko-new/download.html

4号建築物の設計に係る注意喚起について

国土交通省住宅局建築指導課長より。
建築士が行う「4号建築物の設計に係る注意喚起について」

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.sakurajima.or.jp/blog/data/upfile/10-1.pdf

トイレ棟デザイン設計競技作品募集(愛媛県八幡浜市)

愛媛県八幡浜市の主催で全国の建築士等よりアイデアを募る、トイレ棟デザイン設計競技作品の募集のお知らせ

詳細はコチラ(八幡浜市ホームページ)
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/05banner/minatokyoten/design.htm

「薩摩街道(大口筋)歩行・史跡めぐり」のお知らせ

平成23年11月27日(日)開催。
「薩摩街道(大口筋)歩行・史跡めぐり」のお知らせ(龍門司坂~溝辺~JR大隅横川駅)

詳細はコチラ
http://www.sakurajima.or.jp/blog/data/upfile/4-1.pdf

第22回まちなみタウンウォッチング

平成23年11月13日(日)開催。
第22回まちなみタウンウォッチング 鹿児島の『顔』今昔のお知らせ

詳細はコチラ
http://www.sakurajima.or.jp/blog/data/upfile/6-1.pdf

建築士免許の登録について

11月28日から新しい建築士制度がスタートしました。

改正建築士法の施行(平成20年11月28日) に合わせ、10月17日、(社)日本建築士会連合会は国土交通省より「一級建築士の登録等事務」を実施する「中央指定登録機関」に指定されました。
これにより、今まで国が行っていた一級建築士の免許証の交付手続き等の登録事務は、(社)日本建築士会連合会(中央登録機関)が行います。
新・建築士制度により、設計または工事監理の受託契約に関する重要事項説明の際、「建築士免許証」の提示が義務付けられましたが、この場合、現在のA4サイズの「免許証」でも、携帯型の「免許証明書」でも、どちらを提示してもかまいません(※効力は変わりません)。

建築士法第24条の7第2項より・・                                     
管理建築士等は、建築主との契約前に重要事項の説明をするときは、当該建築士に対し、一級建築士免許証、二級建築士免許証、若しくは木造建築士免許証又は一級建築士免許証明書、二級建築士免許証明書、若しくは木造建築士免許証明書を提示しなければならない。

平成20年11月28日以降に、

  • 新規に 一級建築士の免許を申請される方!
  • 一級建築士免許証の事項変更、再交付の申請をされる方!
  • 「構造設計一級建築士証」、「設備設計一級建築士証」の交付を申請される方には、顔写真入り携帯型「免許証明書」等が交付されます。

※制度についての詳細は(社)日本建築士会連合会HPをご参照下さい。

建築士免許の登録について

鹿児島県在住の一級建築士および構造・設備設計一級建築士免許の登録は、(社)鹿児島県建築士会で受付いたします。
(2級建築士免許登録は、鹿児島県土木部建築課になります)

< 受付窓口 >
 (社)鹿児島県建築士会(※本部のみで受付いたします) 
〒892-0838 鹿児島市新屋敷町16番 県住宅供給公社ビル326号室
TEL:099-222-2005 / FAX:099-226-2019
E-Mail:info@sakurajima.or.jp

< 受付時間 >
8:30~17:30
※ 土・日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)除く

< 必要書類のダウンロード >
◆ 一級建築士登録についてはコチラ
http://www.kenchikushikai.or.jp/touroku/kenchikushi/index.html

◆ 構造設計一級建築士・設備設計一級建築士についてはコチラ
※印鑑と本人確認の証明(運転免許証等)を忘れずにご持参ください。
※写真は、そのままカード型の免許証に使用されますので、鮮明なものを貼付して下さい。

< その他詳細について >
(社)日本建築士会連合会ホームページをご参照ください。
http://www.kenchikushikai.or.jp/touroku/

ページ移動