記事一覧

鹿児島県建築士会からのお知らせ一覧に戻る

平成30年二級建築士合格者の方へ 免許登録申請書式のダウンロードについて

二級建築士 免許登録申請書式のダウンロード・申請の方法について

◆二級建築士 免許登録申請書式(新規)のダウンロード
 ①申請書式一式(Wordファイル)→ファイル 248-1.doc

 ②申請の手引き、記入例(PDFファイル)→ファイル 248-2.pdf

◆申請のためにご用意いただく書類等
・免許申請書(2枚)→このページでダウンロードできます
・戸籍謄本又は戸籍抄本(1通)→本籍地の市町村役場で取得できます
・登記されていない事の証明書(1通)→最寄りの法務局で取得できます
・写真※パスポートサイズ(2枚)→規定のサイズを2枚ご用意ください
・登録申請手数料19,200円を払込んだことを証する書類→原本をご提出下さい。
 ≪振込先≫ゆうちょ銀行 01710−3−164100 公益社団法人鹿児島県建築士会 宛
・合格通知書
・本人であることを確認できる書類→運転免許証など、顔写真付きのもの
・印鑑

◆12月12日(水)より受付を開始します。
受付時間 平日 午前9:00~午後4:00まで(正午から午後1時を除く)
休 業 日 土日祝日
     ※年末年始は平成30年12月29日~平成31年1月3日まで休業
     他日程に受付を休業する際は本会ホームページ等でご案内します。
受付場所 公益社団法人鹿児島県建築士会 本部事務局
住  所 鹿児島市新屋敷町16番301号 県住宅供給公社326号室
     駐車場は有料(50分/100円)です。
電話番号 099-222-2005 
          
※日本国外において建築士の免許を受けている方は,
日本国外の免許証の写し及び写真が必要です。

鹿児島県の二級建築士及び木造建築士免許の登録につきましては、平成25年4月1日より、本会事務局にて行っています。

免許の登録申請から免許証明書の交付までには、2ヶ月程度の期間を要します。
特に県外に転居予定の方は、お早めの必要書類のご準備、申請をおすすめします。

終了しました◆第29回まちなみタウンウォッチング「近代日本 礎のまちを巡る ~磯地区・仙巌園~」(11/25日)のお知らせ

このイベントは終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

****************************

第29回まちなみタウンウォッチング
「近代日本 礎のまちを巡る ~磯地区・仙巌園」
ファイル 34-1.jpg
チラシ・申込書(11/16〆切)のダウンロードはコチラ(PDF)→ ファイル 34-2.pdf

開催日時:平成30年11月25日(日)〔雨天決行〕
     10:00~12:00終了予定
     ※受付開始時刻は9:30です。

集合場所:旧鹿児島紡績所技師館(異人館)

参加費 :500円/お一人
     (今回は仙巌園・旧鹿児島紡績所技師館が別途必要になりますのでご了承ください)

参加者の皆様へ
※当イベントのための駐車場は用意しておりません。公共交通機関をご利用ください。
※当日は歩きやすい服装でお越しください。

「既存住宅状況調査技術者講習」について

「既存住宅状況調査技術者講習制度について」国土交通省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/kisonjutakuinspection.html

受付中の日程(鹿児島県)
※現在受付中の講習会なし

お申し込み方法は2種類【郵送申込】【インターネット申込】
「既存住宅状況調査技術者講習のご案内」日本建築士会連合会ホームページ
http://www.kenchikushikai.or.jp/koshukai/kizonjyutakujyokyochosa.html
※講習の最後に実施する考査合格者には、日本建築士会連合会より、既存住宅状況調査技術者講習修了証明書、資格者証を後日発送させて頂きます。

【インターネット申込】ご希望の方へ 
あらかじめ下記のデータをご用意いただくとスムーズです。
①ご自身の顔写真のjpgデータ
②建築士免許証のjpg又はpdfデータ
※移行講習を受講する方のみ、③現行資格証書のjpg又はpdfデータ

「既存住宅状況調査技術者の検索」日本建築士会連合会ホームページ
https://aba-svc.jp/house/inspector/index.html

「建築士会【会員限定】既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2017-07-13.html

国土交通省より 「防災拠点等となる建築物に係る機能継続ガイドライン」と同ガイドラインに基づく「チェックリスト」について

国土交通省では、防災拠点建築物(庁舎、避難所、病院等)について大地震時の機能継続を確保するために配慮すべき事項について、本年5月18日に「防災拠点等となる建築物に係る機能継続ガイドライン」として取りまとめたところです。
今般、同ガイドラインに基づき建築物の企画・設計・管理を行う際に活用できる「チェックリスト」を作成しましたのでお知らせします。今後の業務の参考としていただければ幸いです。

※ガイドライン及びチェックリストについては以下の国土交通省HPに掲載しております。 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_tk_000088.html

建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について

標記のことについて国土交通省ホームページに掲載されております。
下記URL(国土交通省HP 建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について)をご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000731.html

日本建築士会連合会より 建築士会会員限定「既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」のご案内

建築士会会員限定「既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」のご案内

建築士会会員 各位

既存住宅状況調査技術者団体賠償責任保険制度」が、平成29年8月1日より団体保険としてスタートします。
この保険制度は、既存住宅状況調査の遂行またはその結果に起因して発生する損害を補償するものです。

詳細については、各県建築士会の事務局にて配布するパンフレット他、下記連合会ホームページを、ご確認ください。
↓日本建築士会連合会 保険・共催補償制度のページへ↓
https://www.aic-agt.co.jp/kenchikushikai/index.html

同ホームページでは下記についてもご紹介しています。
・けんばい(建築士賠償責任補償制度)
・工事総合補償制度(NEWこうばい)
・新所得補償プラン
・医療費用補償プラン
・グループ保険

ページ移動

リンク集:スーパーコピーブランド,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー,